2006年05月21日

比べるな

喫煙者の反駁の一つに、「車の排気ガスはどうなのよ?」という定番がある
これが嫌煙者の癇に障るようである

曰く、「まったく事情が違うから比べるな」と

いやしかしあんた方、やれアスベストがどうの水俣病がこうのサリンが..(ry
そんでなんとかのアンケートではどこうこう、なんとかがかんとかの何々倍
果ては原爆に比べてどうの と比べまくってますけど???

比べていいのは自分達だけってのはルール違反
アンフェアなルールで議論をしたらあなた達の正当性が損なわれますよ?


そもそもなぜ排気ガスが引き合いに出されるかと言えば

・現代において既に存在しているもの
・決して害がないはずがない
・程度問題として許容されている

など、背景が似ていると感じるからこそ引き合いに出すのであって
嫌煙者のようなおよそ無関係な事を捏ねて持ってくるわけじゃないぞ

そして、どのように事情が違うのかどれほど事情が違うのかについて
あまり明確に説明される事がない


− 一番良くある反論が 「自動車は公益性がある」 という事なんだが

そうすると、公益のためなら多少の被害は仕方がないと言う理屈が成り立つ

少しでも嫌悪や被害があるならばなくすべき
という理由に基づく意見がすべて意味を失うけどそれでよろしい?

わたしは少しでもとか一人でも迷惑や被害を感じたらそれはNGという理屈には反対
なぜならこの理屈を使えばおよそあらゆる物を否定できてしまうので意味がない

全ての人ではないが煙草を嗜んでいる人がいるのだから
公益とまでは行かなくとも恩恵を受けている人は居るわけで
世の中にはそういうムダのような部分が絶対必要なのだから

そういうところでも排気ガス問題と似ているなぁ


− あと多いのが、「排気ガスと共には生活しない」 という事がある

どこで読んだか、排気ガスと一緒に信号待ちなんてしない
とえばってた人が居たけど 車も通らないような交差点で信号待ちしているのか?

都会では四六時中車は走っているわけで
それこそ大気中には煙草なんか足元にも及ばないいろんな有害成分が
希釈されて存在していると思うんだよね
だから自然の多いところに行くと空気がきれいで美味しいと感じる

屋内から屋外に出ればもうそこは汚れた都会の空気ですよ

蛍族の煙が隣家に漏れて迷惑などという意見も聞くけど
さまざまなものが混ざっている大気の中に住んでいるわけで
少しでもにおったら迷惑という論理はあまりにも狭量と感じる

その内から煙草の煙の分が消え去ったところでどれほどの変化があるのか?
この辺をちゃんと説明してくれる人が居ない
どうせ比べるなら こういうわかりやすいところを比べて欲しいものだ
田舎の綺麗な空気と直に集めた煙草の煙の成分を比べて言われてもねぇ?
人工的に綺麗な空気を作って汚染源をちゃんとシミュレートして
本当の意味で比較分析された結果なら興味があるしみてみたい


− もうひとつ、あちらが「悪い」からこちらも「悪く」ていいという事はない と言う意見

そういう風に言う人が居るのだろうか?

悪い側面があるからといって100%ダメと「言うならば」、排気ガスはどうなのか?
であって、あっちが悪いからこっちも悪くていいとは言っていない

自動車社会があっても「良い」のと同じように
たばこだってあっても「良い」のだと言っているのでR

むしろ、悪い所を誇張して「自分の好み」を理由に
許すと許さないを区別している一貫性のなさは嫌煙者にあると言える

それに反論するために引き合いに出すだけなんだと思う


結局どれをとっても要するに限度の問題である
限度を超えて問題となるところでは制限されるようにルールが変化してきた
喫煙者も嫌煙者もルールを守るべきである
そして嫌煙を主張し活動するのは構わないが
だからといってルールやマナーを無視して何をしても言っても良いわけではない


おっと話が逸れたかな?

当然説明のために似たようなものを例に出して比べることは当たり前で
もっとも似たような存在の代表として誰もがすぐ思い付くから出てくるわけですよ

アスベストだの水俣病だのサリンだのともっと関係ないだろうよ
と思うような事まで引っ張り出して何とかが何倍などと

「何かと言えば比べたがる」 くせに

「喫煙者は必ず排気ガスを引き合いに出すので腹が立つ」ってww
それを出されるとよっぽど都合が悪いのですね


と言う記事を書いていたら とある何かが不自由な人が
排気ガスもイクナイ!といい始めたw この話はまた今度

おかしな事を言うな (ranking)
posted by SadMan at 14:01 | Comment(20) | TrackBack(2) | おかしな事を言うな
この記事へのコメント
自動車の排気ガスは、年々排出基準が強化されていますよね?
それだけ問題意識が持たれていますよね?
それなのに煙草が野放しでいいのでしょうか?

自動車は、特に運輸分野など、車に乗る人も乗らない人も、恩恵を受けますよね?

たばこは吸う人はともかく、吸わない人にはどのような恩恵があるのでしょうか?

排気ガスとを吸いながら食事をすることは無いですよね?
少なくとも排気ガスは建物の中に入れば逃れる事ができますが、建物の中にはたばこの煙が充満していることがありませんか?

私は、嫌煙家ですが、自動車の排気ガスを比較に出されても反論することが出来るつもりですよ。
Posted by 九龍 at 2006年05月21日 22:58
この記事のポイントは
自分達は比較していながら比較をするなとは おかしな事を言うな ですが

あなたの反論は、非喫煙者に恩恵がないと言う一点でしょう?
公益があるなら多少の被害は仕方がないと言うわけですか
わたしは公益がなくとも限度内であれば許容もあり と考えていますので
問題のあるところに規制が強くなるのは受け入れるとしても
生活していれば外気に触れる機会を無くす事は出来ませんから
排気ガスならば避難出来ると言うのは間違ってると思います

ただ、わたしが認識している程度/限度について
それを覆すデータや理屈が示されたら認識が変わるかもしれません

その変が正に限度論になってくると思うのですが
解釈の違いならば溝が埋まる事はないでしょうね

喫煙者の夢を感じる非喫煙者も居るようですから
まったく恩恵がないと言うのもそうは言えないと思います

だから味のある分煙案には賛成ですけど

肝心なところには明確に答えない方と感じているのですが

例えば階段とスロープを併設するバリアフリーには賛成だが
これを煙草に例えて全面禁煙を唱えるのは
「同一性がないから例えとして適切でない」

という話には明確にこたえてもらってない気がします
[ Posted by SadMan at 2006年05月22日 00:19 ]
全面禁煙ではなく、分煙と言っているはずですが。

というか、分煙ならと言いながら、路上には喫煙所をという主張こそ、どこが分煙なのでしょうか?
分煙というのは、煙を外部に出さないような喫煙室を作る以外ないのでは?

非喫煙者が煙を浴びる状況は、分煙とは呼ばないのではないですか?
Posted by 九龍 at 2006年05月22日 00:58
あれ?屋内は完全分煙、屋外は全面禁煙と言ってませんでした?

もうわけわからんけど
室内に煙がこもって非喫煙者がその中におかれる状況はよくないと思う
それと外でなにか煙草の煙とすれ違う機会がある

という話なら程度論だからわたしは同列に論じられない
[ Posted by SadMan at 2006年05月22日 01:07 ]
屋外は全面禁煙ですよ。そして、公衆便所のように喫煙室を設置すればよいと。

喫煙室を設置するから、「屋外完全禁煙」ではないと思いますけど。

Posted by 九龍 at 2006年05月22日 01:30
それから、私の反論は恩恵がないの1点ではないですよ。
排気ガスは排出規制がされていますが、
排気ガスを引き合いに出す喫煙者はどうして、
煙草の「排気」が規制されることに抵抗するのでしょうか?
Posted by 九龍 at 2006年05月22日 01:33
程度論じゃないですか?
その辺りの齟齬がこの記事の随所に・・・

そうではない喫煙者も居るでしょうけれど

完全と言う言葉は完全に詭弁だろ思いますね
わたしは喫煙室もいいけど喫煙所もあり
ただし今よりは非喫煙者の配慮されたものである事 と考える

喫煙室しかダメならそりゃ屋内でしょ?

わたしは全ての地域を禁煙エリアにする事は反対だけど
歩行喫煙については規制もやむなしかなぁとは思う

九龍さんの意見でいう規制は完全に排除であるから
排気ガスの規制(限度を規制)とは違いますよね

九龍さんのいう事は言葉の上では類似点を見出せるけど
結論に同等性がないことが多い
[ Posted by SadMan at 2006年05月22日 01:39 ]
私の主張は完全分煙ですからね。
吸いたい人がリスクも有害性も
自らの選択で吸うのはかまわないけど、
それを他人に強要しないでと言うことです。

非喫煙者が煙を吸わない環境を作ることがどうしてそんなに嫌なんですか?

移動中に吸わなきゃならないほど我慢が出来ないなら
電話ボックスや公衆トイレの様な喫煙室に入ってニコチン補給をするというのが
どうしてそんなに嫌なんですか?

非喫煙者が息を止めたり、ガスマスクをしたり、走り抜けて煙を避けなければいけないというのは
なぜですか?
Posted by 九龍 at 2006年05月22日 03:19
限度としての許容がそこにないからでしょ?
ほらそこで「排気ガスはどうなんだい?」ですよ

それをなぜですかと訊くだから
そもそもいろんなもので空気が汚れているのに
煙草だけが「完全」に排除されなければならないのは
なぜですか?という事だよね
[ Posted by SadMan at 2006年05月22日 09:59 ]
「そもそもいろんなもので空気が汚れているのに
煙草だけが「完全」に排除されなければならないのは
なぜですか?」

「そもそもいろんなもので空気が汚れているのに
ディーゼルエンジンだけが「完全」に排除されなければならないのはなぜですか?」

「そもそもいろんなもので空気が汚れているのに
硫黄だけが「完全」に排除されなければならないのはなぜですか?」
Posted by 九龍 at 2006年05月22日 11:55
きっと、ディーゼルや硫化成分はタバコよりはるかに有害だからじゃないか?
と推定

だから規制されているけれどかといって「完全」というわけではない
あくまで環境基準の限度で許容されている

ところで

成人喫煙人口はおよそ4割 対して自動車はもっと多くの人が乗っている

自動車はアイドリングでも1000rpmぐらい
コンパクトカーでも一分間に1Lの排気を1000回吐いてるんだ
もちろんそれを走行時間中に吐き続けているし回転数も上がる

喫煙者はまぁ一定時間ごとに少しの間タバコを吸っている
わたしならば一時間に一本かもう少し 時間にして数分だが
数分間に1000回も呼吸はしない

排気量が2L程度の自動車が回転数30回転ぐらいで
時間当たり数分間走行しているようなものだな
成人の4割程度が・・・

という事を比べても

排気ガスが悪いのだからタバコも悪い「同じように」規制されるべきという意見の
「同じように」という同等性にとても大きく疑問が残る

そして、排気ガスの方がたばこよりはるかに悪いんじゃないか?
と考えている人が
それでもある程度の限度を規制されながらも許容出来ているのだから

それより更に低い水準であろうタバコに何をムキになってるの?

ってとこかな

得意の計算でもしてみてくれ

話を導くために相手の表現を利用するのはありだけど
窮して逆切れのように相手の言葉を使って言い返すのは
バカと言ったらお前がバカって言ってるのと同じで みっともないぞ?
[ Posted by SadMan at 2006年05月22日 12:44 ]
以前勤めていた会社の女性上司と共に、外出した際の話。
彼女が路上で煙草を取り出し吸い始めたので、僕は煙草はNGという話をしたところ、「じゃ、お酒は…」と酔っ払いに絡まれた話を延々と始められたことがありました。
「お酒の方がよっぽど他人に害がある」には話をする気力が失せましたが。
あれは僕の話し方がNGだったと思ってますが。

まぁ、程度の差こそあれ、こういう比較話がしたくなるのは、嫌煙者・喫煙者に限らず人の性格によるものではないでしょうか?

個人的にはそういうたとえ話や比較の話なんてのは嫌で、問題の本質とはかけ離れたところに議論が飛んでしまうので、避けたいのです。

少なくとも排気ガスの話を持ち出して、議論の矛先を変えようとする時点で、それ以上の議論を継続できないように思えますが…(発言内容に矛盾がないように祈る!)

あるポイントで共通点があっても、煙草と排気ガスじゃ全く違うものに思えるのですけど、いかがでしょうか?
Posted by Sophie at 2006年05月22日 12:58
主なタバコ煙の成分:

* アンモニア
* 一酸化炭素
* タール
* 二酸化炭素
* ニコチン
* 窒素酸化物
* フェノール類

主な発癌物質:

* ベンゾピレン
* ジメチルニトロソアミン
* メチルエチルニトロソアミン
* ジエチルニトロソアミン
* N-ニトロソノルニコチン
* 4-(N-メチル-N-ニトロソアミノ)-1-(3-ピリジル)-1-ブタノン
* ニトロソピロリジン
* キノリン
* メチルキノリン類
* ヒドラジン
* 2-ナフチルアミン
* 4-アミノビフェニール
* O-トルイジン
wikipediaより。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%AB%E7%85%99

排気ガスに含まれる成分
1. HC(未燃炭化水素)
2.CO(一酸化炭素)
3.NOx(窒素酸化物)
4.SOx(硫黄酸化物)  
5.Soot(すす)、PM(排気微粒子)
6.CO2(二酸化炭素)
7.H2O(水)

また微量に含まれるものとして
トルエン、ベンゼン、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、1,3ブタジエン、SO2、蟻酸、N2Oなど



排気ガスには、何が含まれていますか?より抜粋
http://www.chemistryquestion.jp/situmon/shitumon_kurashi_kagaku13_gasoline.html
Posted by 九龍 at 2006年05月23日 09:58
車の排気ガスの中で
硫黄酸化物に関しては
サルファーフリーなど、燃料そのものの
脱硫が進んでいますから、
現在はかなり減っていますし、
排気微粒子についても、東京都内は今は除去装置を付けていない車は走行出来なくなっていますよね。

排気ガスの方が煙草煙よりも毒性、発ガン性が強いですか?
Posted by 九龍 at 2006年05月23日 10:01
それで、その規制の類はどのように「完全」なの?

>排気ガスの方が煙草煙よりも毒性、発ガン性が強いですか?

そんな事はわたしは知りませんけど、排気ガスは無害って言いたいのです?
どんなに物を知らなくたって あれがなんだか躯に悪そうだぐらいは分かるでしょ

ついでに煙草が躯に悪くないなんて誰も言ってないので
この記事にもあるように程度問題ではないかという事です

仮に排気ガスより煙草の方が悪くても 排出量が桁違いなのは明らかだし
割り箸の消費が砂漠化の原因って言ってるのと違いが分からない

工場排出のスモッグだの慢性渋滞での灰燼だの硫化物による酸性雨だの
限度を超えれば規制や改善の動きがあるのは当然として

個々の健康被害だの倍率だのの数字は散々見てきましたが
総体的にたばこが程度として スモッグ、塵肺、酸性雨、に匹敵する汚染だ
という話はついぞ聞いた事がありませんし そういう認識もないです

もしろマナーや迷惑問題についての認識の方が強いしそれは改善したい
[ Posted by SadMan at 2006年05月24日 02:21 ]
Sophieさん

まぁ解釈はいろいろあると思いますけど
わたしの思うところで言うとですね

・矛先を変えているのではない
・まったく違うものではない

としか言えないですな
なぜそう思うのかは記事本文中に紛れています
論拠なしに違うと言われても意見の相違としか言えませんです
悪しからず

P.S.よく見てくださってるようで感謝してます
[ Posted by SadMan at 2006年05月24日 02:32 ]
前から気になっているのですが、
喫煙者のいう「排気ガスはどうなんだ」
の次にはいったいどういう言葉が繋がるんですか?

「排気ガスがあるんだから、受動喫煙くらいガタガタ言うな」
ですか?
「排気ガスが撤廃できたら話を聞いてやる」
ですか?
少なくとも私は、排気ガスに関しては運動していません。
なぜなら、燃料電池やハイブリッドカー
アルコール系燃料など、私が運動しなくても、着々と改善が進んでいるから。

アンモニアやタールを含む煙草煙の方が粘膜に対して刺激、不快感が強いのですよ。
少なくとも私にとっては。
Posted by 九龍 at 2006年05月24日 07:08
>P.S.よく見てくださってるようで感謝してます
いいえ。
案外気に入っているのです。
Posted by Sophie at 2006年05月25日 12:34
>九龍さん
言いたいのは、問題があるならば改善努力が生まれるはずだから
そこまで改善が進んでいないという事は
(何度も言うけど)「程度問題」なのではないの?
という事です

吸ってる人のことは自己責任で済むとして
本当に周りに深刻な害があるならば自ずと改善が進むだろうという事
だからそうではないけれどそれなりに統計やら分析やらのデータが出てくる
と言うことは

健康は二の次で嫌がる人の迷惑とかポイ捨てなどのマナー
が結局問題視されているのではないかと思ったりする

まぁ匂いの少ないタバコだの煙の少ないタバコだの

その辺は改善が進んでるようですけど

少し前までは非喫煙者から
「匂いと煙が出ないタバコがあればいいのに
そうすりゃ文句は言わない」なんて意見もありました

そんで改善したら
今度は「匂いと煙を減らして誤魔化そうとしている」
ですから
[ Posted by SadMan at 2006年05月26日 02:33 ]
>排気ガスが悪いのだからタバコも悪い「同じように」規制されるべきという意見の
「同じように」という同等性にとても大きく疑問が残る

排気ガスの基準は次第に強化されていますよね。
全てを無くすのが理想のはずですが、そんなことを行えば社会活動が成り立たず混乱してしまいます。
なので最終的には全廃をも視野に入れた規制だと思います。
次のエネルギーが安全だという保障はありませんが、化石エネルギーからの脱却は大きな課題になっています。(詳細はその手のサイトに任せます)

煙草の規制もいきなり全てを規制されてきたわけではありませんね。社会活動に混乱が起きないように程度を考えながら進んでいるようです。

どちらも理想は完全で現在は移行期というところでしょうか


以下余談
屋外では、まだ規制されていない地域のほうが多いかと思います。
しかし錦の御旗を手に入れてしまった以上は、禁煙化は順次進んで行くことでしょう。
嫌煙運動が健康を問題にしているようですが、実際に減らされているのはコストがらみではないかと思っています。
喫煙可とすると設備設置費用からランニングコストまでお金が掛かりますが、禁煙にすればこの手の費用は不要ですから。
以前は喫煙をことわる理由がなかったので、美化のために必需品だった灰皿も健康法のために撤去できてしまうのです。
喫煙場所の提供が提供者にメリットをもたらさない限り減っていくんでしょうね。
Posted by H.O at 2006年06月29日 01:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

<アスベスト>クボタの関連死者が100人超える
Excerpt: 大阪市に本社のある大手機械メーカー「クボタ」の旧神崎工場(兵庫県尼崎市)を中心にアスベスト(石綿)関連病患者が多発している問題で、05年度に新たに石綿関連病で死亡したことが判明した同社社員と元社員が..
Weblog: 買ってはいけない東急リバブル・東急不動産
Tracked: 2006-05-21 16:03

毛穴につまったアブラ落とし
Excerpt: をするために皆さんは何をされていますか? 高額なシャンプーや機材? もしくは美容院で毛穴シャンプーとか されていますか? 私がお勧めするのは その辺のコンビニでも売っている...
Weblog: 脱ハゲ!自毛復活プロジェクト!!
Tracked: 2006-05-21 22:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。