2006年07月05日

再始動おめでとー!

シガレットを吸う喫煙者は多かれど
パイプを吸う人はなかなか少なそうです

さらにそういう話題を扱うブログもまぁ少ない
シガレットは生活の一部みたいな物だから
専門に取り上げる人も少ないのだろう

そしてその数少ないパイプの楽しみを共有できる方に
参加している ranking で縁を持つことができた

つらつらつづれば 〜混酒香煙創木〜

しかし、お店の都合でここしばらく休眠状態であったのだが
どうやら、再始動されるようである

嬉しい

しかも、望まれる最もよい形で継続するようである

お酒と煙草は、どっちも一番ではないけれど5本の指に入る楽しみである
しかし全ては手に入らないのが人生である
生老病死、愛別離、怨憎会、求不得、五薀盛
何を好き好んで楽しみを手放す必要があろうか
手放すのはそれを超えるものを手に入れるために必要な時なれば
ゆるりと好きな物を楽しみながら生きて行きたいものである

おめでとうございます
そしてまた語らいましょう
posted by SadMan at 02:18 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記や雑記
この記事へのコメント
どうも初めまして。
toshiakiと申します。
ここのブログを拝見するのは初めてではありませんが、
コメントをするのは多分、初めてだと思います。
エムさんのブログからここにたどり着きました。

いつも本文とコメントを見させていただいてます。
私はまだ若いのであのような反論などできませんが
とてもためになる気がします。

もしSadmanさんが宜しければここのブログを
リンクさせて頂けませんか?

記事に関係ないコメントをしてしまい
申し訳御座いませんがよろしくお願い致します。

不適切なコメントと判断されましたら
削除してください。
Posted by toshiaki at 2006年07月07日 03:05
こんにちわ
ラッキーストライクのお話をした「としあき」さんですよね?
もちろんリンクOKですよ

わたしは公開している以上リンクは自由という考えです

リンクに許可が必要と言うのがネチケットのように言われていますが 変な話です

公道に面したパン屋があって、ここにパン屋があるよと
勝手に人に教えて何が悪いのでしょう?
という感じです

これからもよろしくお願いします
[ Posted by SadMan at 2006年07月07日 16:20 ]
こんばんわ。
ラッキーのお話しで覚えて頂いてんですね。
良かったです。

さっそくリンクさせてもらいます。

これからもよろしくお願い致します。
Posted by toshiaki at 2006年07月08日 01:38
関係の無いコメントですが。

ウィキペディアの嫌煙権の項目が7月6日に大規模に書き換えられました。

書き換えたヤツは「Syoujyou」というヤツです。

中立・公正をうたうウィキペディアで恣意的な、編集をするフトドキ者です。
しかも日本語が変です。

これを見て改ざんの比較をしてみましょう。

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%AB%8C%E7%85%99%E6%A8%A9&diff=next&oldid=6452313
Posted by uk at 2006年07月09日 21:06
あー、こりゃ酷いね
仰る通り、客観性に欠いている

非喫煙者であってもさほど喫煙に頓着しない集合を無視して
嫌煙者の中でも特に偏向の強いグループの解釈を
そのまま事実であるかのように仕立てているね


もはや「正」ではなく「邪」
そして「仁」も「義」もありませんな
[ Posted by SadMan at 2006年07月10日 01:22 ]
>ウィキペディアの嫌煙権の項目
・・・という偏った意見をもつ人たちが主張する権利

で締めくくってくれてば完璧のような気もするw
Posted by H.O at 2006年07月10日 01:40
こりゃ笑うしかない、というカンジですねぇ。
喫煙に頓着する僕でもこれはヤリスギだと思いますよ。
Posted by Sophie at 2006年07月10日 10:44
他にもあったよ (;^_^)
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%B3&diff=prev&oldid=6344116

もう復旧されたけれど
嫌煙者のマナー感覚ってすごいねぇ

こういう姿を見ると
煙草に何らかの薬物作用があったり
いくらかの健康被害が在るのかも知れないけど
その取るに足らない(主観)デメリットに比べて
心の安寧やら、好きでもないけど存在しているものと
上手に付き合ったりあしらったりと言った
余裕と言うかゆとりと言うか

そういう事のありがたさを感じるねぇ
[ Posted by SadMan at 2006年07月10日 17:45 ]
> 嫌煙者のマナー感覚ってすごいねぇ
所謂「マナーの悪い喫煙者」と「マナーの良い喫煙者」がいるように、嫌煙者にも色々いるんです。


…多分。
Posted by Sophie at 2006年07月10日 22:05
>Sophieさん

うふっ・・・
嫌煙者にもいろいろ居る、まったくそうでしょうね
ちょっと試しに一絡げに言ってみましたwww

本来嫌煙者って喫煙を認めない人の事ではなかったんですが
なんとなくわたしはそう意味で使ってしまいます

分類して見ると

マナーの悪い喫煙者
普通の喫煙者
煙草に頓着しない非喫煙者
喫煙を認めている嫌煙者
一切を認めない嫌煙者

みたいな感じになるんでしょうか

それぞれに適切で共通の表現がないですから
文章で伝えるのはなかなか難しいですね
そうでなくても言葉って恣意的に使われるものですから

例えば言葉がある程度定着してから言葉の定義が微妙に変わったりね

かつて a というニュアンスで使われていた言葉を使って
A という文章が書かれたとして

ニュアンスが微妙に変化して b となった時に A の文章を引用すると

本来 A が言わんとしていた事が歪められるなどありますね
[ Posted by SadMan at 2006年07月11日 15:13 ]
ウィキぺディアの前分、へなぎさわさんの説明は良く出来ていて感心しました。

個人的には呼称の差異には無頓着な方なので、従来の嫌煙運動の延長上に強烈な嫌煙主張が生まれたという程度の認識でした。

ところで【嫌煙】って当の嫌煙活動をしている方々にとっては不快なんでしょか?
最初にコピーライター氏が自ら名乗ったのが起源のようですが…。
Posted by メロンぱんち at 2006年07月13日 15:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。