2006年07月23日

バルカンミクスチャ (ガーウィズホガース)

同じメーカーのバルカンミクスチャ
gh_Balkan.gif

ラタキアとオリエントが主体のミクスチャである

バルカンミクスチャの定義は正確には知らないのだけど
トルコの向かい黒海の西側一帯にバルカン半島というのがある
オリエント葉(トルコ葉) が入ってるからそう呼ぶのだろうか?
半島と言うにはあまりにも大きな陸なんだけど

なんとも、迫力のある名前である

味わいはラタキア感がしっかりしていてオリエントの香ばしさが強い
最初に吸ったラタキアが965だったのだが これは旨みや酸味が芳醇なので
それに比べるとオリエントの焦げ臭さが目立ち あんまり好みという感じじゃなかった

とは言え、ブラック珈琲のようにこの苦さを堪能するなら良いのかも
この辺は良い悪いではなく好みであるので わたしには合わなかったのだろう
たまに吸うとまた違った印象を感じるかも知れない

ストレート煙草を利いた時にも感じたのだが
オリエントは普通の紙巻煙草に割とよく使われていて
結構馴染みのある味わいと香りがする
ゆっくり味わっていると、ほんとにブラック珈琲や
渋い濃いお茶を味わっているかのような感覚である

そしてラタキアの良い匂いが漂い 香りは悪くない

常喫銘柄をいろいろ試していて このメーカーの他の銘柄が気に入ったので
試しに買ってみたのだけど メーカーが違えば似たようなブレンドでもまた印象が違う
コカコーラとペプシのような物と言えばいいだろうか

そのうち他の有名なバルカンブレンドも試してみようと思う (ranking)
posted by SadMan at 23:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 煙草とお酒のレビュー
この記事へのコメント
バルカンミクスチャの定義について、
オレも正確なところは知らないのですが、シリアンラタキアをたっぷりメインにブレンドしているもの。
と理解してます。
だからオリエントやペリクが入っていない、ヴァージニアとラタキアのみでもバルカンミクスチャというと思います。
バルカンと名の付くブレンドもいくつかありますが、ブレンドされる葉はまちまちのようです。ラタキア感はいずれも強い。
Posted by ピエール塩澤 at 2006年07月27日 00:06
ピエールさんだっ! こんばんわ

なるほど、ラタキアは当然として
オリエントは必須なのかと思ってたけど そうでもないんですね

ピエールさんはとても造詣が深いので
どんどん面白い薀蓄を聞かせてください
[ Posted by SadMan at 2006年07月27日 00:32 ]
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。